現状と今後

湖と女性

糖鎖とは、単糖が鎖状につながったもののことです。 糖鎖は細胞表面に存在しており、細胞間の情報伝達や免疫反応など、生命活動を営む上で非常に重要な働きをしています。通常は、食事などで摂取した単糖類(グルコースやガラクトースなど)が体内で補酵素とともに糖鎖として合成されます。しかし、単糖の中には、食事では摂取することが難しいもの(マンノースやキシロースなど)もあるため、食事のみから単糖を摂取する生活を続けていたら、糖鎖合成に必要な単糖が足りず、糖鎖不足に陥ります。実際、栄養不足以外にも紫外線やストレスなどの原因はありますが、現代人は糖鎖不足です。 こうした糖鎖不足を補うため、サプリメントとして糖鎖の原料である単糖を摂取することのできる製品も開発されています。 複雑なため研究途上の糖鎖ですが、将来的には、カルシウムやビタミンのように誰もが摂取不足を気に掛ける日も近いです。

まず始めに、糖鎖とは一体どのようなものなのでしょうか。糖鎖とは細胞同士を繋げる重要な役割を果たし、様々な細胞の動きをコントロールすることによって体に入ってくる悪い物質を瞬時に判断し、排除する役割をになうものです。もしこの糖鎖に異常が発生してしまうとどうなってしまうのでしょうか。 例えばウイルスや細菌が体に入ってきてしまっても、糖鎖の働きが不十分な場合これらが簡単に体に進入してしまい、病気になってしまいます。これがもし癌細胞だった場合は、癌になってしまう危険性があります。では、この糖鎖を正常に保つにはどうすればよいのでしょうか。 それは、糖鎖となる栄養を含む食材を適量に摂取することが大事です。また、いくつかの糖鎖は肝臓によって作られるので、肝機能を向上させることも大切です。 これら糖鎖を正常に保つ二つの事を考慮し生活することによって、いつまでも健康に暮らしていきましょう。